ジョモリー 副作用

MENU

ジョモリーに副作用があるの?成分の危険性も調査!

脱毛石鹸ジョモリーは、ムダ毛をだんだんと除毛してくれるので手軽で嬉しい商品として大ヒットしていますが、実際に、購入するときに気になるのが副作用ですよね。

 

  • 危険性のない成分なのか?
  • 副作用があるの?

 

これからジョモリーを始めてみたい気持ちがあっても、肌への影響が出て重篤な副作用になったら怖いと思われるのも当然です。

 

体を洗うだけで除毛ができるのは、刺激が強いのではないかと疑問もあるでしょう。

 

危険性があるかどうか成分も合わせて調査してみました。

 

ジョモリーの副作用や危険性

  • 副作用はほぼない!
  • 天然由来成分で刺激は弱い!
  • 厳格な品質安全管理で開発!
  • 独自の製法で1ヶ月以上かけて製造!
  • パパインやブロメラインで相性により赤み・かゆみ出ることもあり!

 

ジョモリーの口コミで副作用は、報告はほぼなし

ジョモリーの口コミなどを調査してみました。肌荒れや皮膚の異常などの副作用は、ほぼ見当たりません。

 

刺激が少なく、顔まで使えるものですが眉毛、口元の産毛に対して使用するときは、目や口の内に泡が入ってしまわないように充分注意をする必要があります。

 

まつげや眉毛にもジョモリーの効果が出てしまうのを避けるためにも注意をして下さい。

 

副作用の報告がほぼ見当たらないといっても、気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

  • 極度の敏感肌の方
  • アレルギー体質の方
  • 皮膚が元々弱い方
  • アトピーがある方

 

このような方は、ジョモリーは安心して使える品質管理をされているものですが、念のためパッチテストを行うのが賢明です。

 

パッチテストで異常がなくても、使用後に万が一、赤みやかぶれ、痒みなどが起きた場合には、使用を直ちに中止しましょう。

 

特にアレルギーはどの成分で反応してしまうかが分かりづらいものです。

 

ジョモリーの主な4つの有効成分は?

洗うだけで除毛ができるというと、強い成分が配合されているのではないかと疑問が浮かぶ方もいるでしょう。

 

従来、除毛クリームを使うと使用後の刺激に悩まされるのが当たり前のようにあったために、除毛というとそんなイメージを抱いてしまいますね。

 

ジョモリーは、安心して使える除毛効果がある4つの天然成分を配合しています。

 

パパイヤの果実から抽出した成分「パパイン」

角質細胞のたんぱく質を分解、角質を除去する作用。

 

パイナップルエキスの別名である「ブロイメラン」

角質を柔らかくする作用、毛の成分を分解する作用。

 

大豆に含まれる「イソフラボン」

女性ホルモン様作用で発毛の活動を抑制、肌を健やかに保つ作用。

 

キャピスローという樫の木から抽出されたエキス「ラレアディバリカタエキス」

毛の細胞が増殖するのを抑制する作用。

 

ご覧のようにいずれも天然成分ですので安心して使用できるのが頷けるでしょう。

 

ジョモリーの成分で危険性は本当にないの?

ジョモリーの抑毛に対する成分は、安全性が高い天然由来成分がほとんどを占めています。

 

刺激は少なく肌へのダメージを与えない原材料を使用しているので、危険性はありません。

 

だからこそ、顔にもデリケートゾーンにも使えるわけです。危険性がある成分であれば、全身を洗う入浴時に使用できるものではなくなりますよね。

 

「枠練りコールドプロセス製法」

危険性がない根拠として、ジョモリーの製法に触れておきます。

 

ジョモリーは、完成までに1ヶ月以上かかるのをご存知でしたか?石鹸なのにそんなに長い期間を経て作るのはどうしてかと思いますよね?

 

枠練りコールドプロセス製法」という手法ですが、この製法の特長は加熱が不要という点です。

 

それだけ、有効成分をそのまま凝縮させることに成功した製法ですので、成分を変質させることがありません。

 

変質させないということは、正しくお肌に作用していき刺激を与えることがなくなるわけです。

 

徹底した品質管理のもとでこうして時間をかけて製造されているので、副作用の心配もありません。

 

特定の成分には注意!

しかし、一つだけ注意をして欲しいのが、ジョモリーに含まれている「パパイン」と「ブロメライン」です。

 

抜けやすくする作用がいずれにもありますが、この2つの成分はたんぱく質を分解するので、ごく稀に皮膚にかゆみ、赤みが発生する場合があります。

 

副作用の発生はほとんどないのですが、皮膚の相性も考えられるので先ほど説明したように、気になる方はパッチテストを行うのが大事です。

 

洗い方にも注意を!

安心して使えるジョモリーですが、脱毛石鹸というとより強く洗わないといけないと思う方もいるものですが、返ってそれでは刺激を与え過ぎてしまい肌へストレスをかけ過ぎてしまいます。

 

危険性はないものの、洗い方は泡をきめ細かに立てるためにはネットを使用して、体を優しく揉み込むようにするのが最も効果的です。

 

効果を早く感じたいからと強くナイロンタオルやボディーブラシでこするのは止めて下さいね。

 

まとめ

ジョモリーの副作用は、このように心配がありません。

 

ただ、特定の成分には相性により反応してしまうことで、かゆみや赤みが出ることは知っておくと無難です。

 

肌質により、念のためにパッチテストをしておけば不安無く使えるようになることもあります。

 

これまで、「脱毛石鹸」という言葉から刺激が強く強力な成分が配合されている印象を持たれていた方も、有効成分が天然由来なので安心して使えるのが納得いただけましたか?

 

危険性もない成分でより変質のおこらない製法を駆使していることも、信頼の証になります。

 

ジョモリーの参考記事